2014年1月1日水曜日

あけましておめでとうございます 2014!



 あけましておめでとうございます!2014 年もはじまりましたね!!

 一年の計は元旦にあり、ということで今年は去年よりはブログを多く書いていきたいので早速、ブログなど書いてみるなど。

 いま、佐賀県の実家に帰ってきているんですが、実は一昨年前に実家が家事になって全焼してしまったのです。(当時の写真セットはコチラ。火事の怖さがよく分かるカンジです)しかも、おとなりのウチまで延焼させてしまい、それはもう大変だったのですね。ただ幸いだったのがけが人は一人もでなかったし、ウチもお隣さんも火災保険にちゃんと入っていたので、今は無事に新しい家で新年を迎えることができています。本当によかった。

 で、これは自分も実家が火事になって調べるまで知らなかったのだけど、日本の法律では故意で悪質な火事でもない限り、自分が火元になった火事で近隣を延焼させてしまっても火元は罪に問われないんですね。(責任を感じなくていいとかそういう話ではなくって法律がそうなっているという話ですので、念のため)これは木造建築がほとんどで、長屋なども多かった歴史的な背景が元にあるようなんですが火元だけでは、到底、責任取りきれない規模になってしまう事があるからでしょうか。さらに火災保険も同様で、保証してくれるのは加入している人のウチだけ。自分が火元で延焼させてしまったとしても、周りのお家までは当然保証してくれない。これを逆に言うと、お隣さんの火事で自分の家が燃えてしまっても、自分の責任で何とかしなくてはいけないというが、日本の法律や保険なんです!マジです。

 だから痛感したのが火災保険の大切さでした。火事は自分の努力だけで避けられるものでもなく、自動車保険みたいに運転しなければいいとかそういうものでもありません。いつなんどき、自分は全く瑕疵がなくても家事になってしまう可能性があり、それに対する備えは火災保険に入っておくしかないんですよね。今回の実家の火災では、ウチとお隣さん、両方共が火災保険にはいっていて本当に良かったと思いました。これがもしウチだけ火災保険に入っているとか、そういう状況だったりとかしたら、もうなにをどうしたらしいのか、めちゃめちゃいたたまれなかったとおもいますしね…

 新年早々、ちょっと暗めの話でしたが、まだおめでたい間にこういう話を済ませておくのもいいかなと思って書いてみましたよっと。火災保険、超重要ですよ。

 と、いうわけで今年もよろしくお願いします!!
コメントを投稿